• Mail
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン
  • ブラックSoundCloudがアイコン
Lucid And The Flowers (LATF)
 
Tokyo,Japan
Masayuki Nakazato (vocal,guitar,key)
Yoichiro Endo (guitar)
Yasuto Onda (bass)
Wataru Daiko (drum)

Lucid And The Flowers (LATF) is indie rock band from Tokyo,Japan. Their romantic and serious style with a scent of dark nuances was highly praised by hardcore music and literature fans, and gradually earned a faithful following in the Tokyo underground scene since their formation in November 2013. However, in December 2014, the unit went on a hiatus and remained dormant for 4 years, but in July 2019, they came back as a full band. The thick bass and drums blended flawlessly with a rippling reverb heavy guitar embodies a nihilistic and sexy sound.

 

Lucid And The Flowers (LATF)は、東京を拠点に活動する、4人編成のインディーロックバンド。2014年末からの長い活動休止期間を経て2019年秋にメンバーチェンジを行い、バンド編成となって再始動した。

 

サウンドは近年のUKシーン(イーストロンドンの新興音楽など)に見られるローファイ・ジャズ・シューゲイズの要素を併せ持つ、ミドルテンポのノワールなインディーロックで、スモーキーでニヒルな英語詞ボーカルがロマンティックな世界観を歌い上げる。

 

全身オールブラックのモードなビジュアルと、ダークでシリアスなサウンドがコアな音楽リスナーの心を射止め、アンダーグラウンドシーンで注目されている。

これまでに自主製作でシングル4枚リリースし、ファッションブランドのショーへの楽曲提供や、釜山映画祭にノミネートされた映画「西北西」の音楽を務めた。過去にはThe Horrors(ザ・ホラーズ)らとも親交が深いUKのバンドUlterior(アルテリア)の来日公演をサポートするなど、海外アーティストとの共演も多い。

2019年10月には初の全国流通盤、1st mini album「RECAPTURE」をリリース。